オンリーワンハウスのホームページも是非見てください↓
国産ティンバーフレーム


現在、オンリーワンハウス昭和建設では

本物の200年住宅、国産ティンバーフレームハウス

を愛媛県西予市宇和町で建築中です!


こちらをクリックして
国産ティンバーフレームハウスにご興味がある方は
お問い合わせ欄に、ティンバーフレームの本希望と書き送信してください
(毎月5名様に愛媛県内の南予、中予の方は無料にて送付いたします。)

今日もブログみていただきありがとうございます!

愛媛県八幡浜市、松山市、大洲市、西予市、宇和町、三瓶町

で現在、こだわりの住宅、店舗の新築、リフォームをしている

オンリーワンハウス昭和建設の氏間貴則です!

現在、日本の家づくりは、工場生産された

本物に似せてつくられた工業製品の

組み合わせによる家づくりになってしまい

30年前後で建替えられる家

が数多く建てられています。

そんな日本の家づくりの常識を変えるべく

現在オンリーワンハウスでは、常に挑戦して

本物志向で住めば住むほど資産価値のでる家

本物の200年住宅をご提案しています。

現在日本の家の常識の仕様である↓

塩ビクロス(内装材)
カラーフロアー(床材)
サイディング(外壁材)
石膏ボード(下地材)
グラスウール(断熱材)
ウレタンフォーム(断熱材)
集成材(構造材)
輸入材(構造材)
木質構造用合板(耐力面材)
IHクッキングヒーター(設備機器)

を現在の標準仕様から外しています。

たぶんここまでこだわった家は1000棟の1棟

ぐらいの割合かも??

そのなかで、日本の家づくりにかかせない材料が

内装の下地材として使用されている、

石膏ボード(プラスターボード)です。

石膏に紙が張られた材料で、低価格で

防火性能があり、加工もしやすいとても優れた材料です。

しかし近年は、いろいろと問題もでてきています。

去年、東横インでおきた、硫化水素事件の原因が
硫化水素
石膏ボードです。 東横インさんも廃棄処分費が高いので

不法投棄したほどす。

それと↑の記事にもありますが雨水と反応して

硫化水素が発生します、仮に

天井裏、壁の中に雨漏りして石膏ボードが濡れて

自宅で硫化水素が・・・・などの可能性もあります

日本自然派住宅研究機構の仲間の

ワンズスタイルの神野社長ブログ
にもありましたが、これからリフォーム時や建物解体時には

その処分費がかなり金額を占めてきて

将来的には更なる処分費増になる可能性が大です。

そこでオンリーワンハウス昭和建設では

200年住宅を考えるうえで全面リフォームも何度か

する可能性は大です、将来の世代に負担をかけないため

極力石膏ボードをつかっていません

石膏ボードをつかわずに何をつかっているの?

とみなさん思われると思いますが

オンリーワンハウスでは

天然素材100%の土壁パネル モイスをつかっています。


(写真は、昭和建設工場のモイス)
お客さんにはなるべくコストアップにならないように

大量仕入れをして、運送費は名古屋からの帰り空きトラックを探して

積み込みをしてもらい、コストダウンをはかっています


なんとこのモイス切れ端は畑の肥料(認定もとっています)になります。



モイス施工事例
床  無垢カバ桜フローリング
壁  モイス化粧仕上げ
天井 杉無垢板貼り



今週末構造見学会でモイスの説明もいたしますので

ご興味のある方はぜひおこしくださいね!!

西予市宇和町の内覧会希望の方は詳しい地図を送付しますので

↓から内覧会希望と書き送付ください!

新築、リフォームの住まいのご相談お問い合わせもメールからお気軽にしてください

メール以外のお問い合わせは↓からお願いします
本社電話0894-22-3288
氏間携帯 090-7570-2888
FAX  0894-22-3856
ホームページに施工事例などあります是非見てください
オンリーワンハウス昭和建設ホームページ硫化水素