国土交通省が中古住宅の建物診断の専門家育成に
image

乗り出します。

その専門家の講習会を受ける条件が建築士の資格を

もつものに限り、国土交通省があらたに作成した

既存住宅状況調査技術を元の講習を受けたものになります。

それを受け私が所属する日本建築士会連合会が
image

インスペクター資格制度

既存住宅状況調査技術者の講習実施機関に登録され
image

先日東京の建築士連合会本部で講習会の講師の勉強会が開催されました

私も愛媛県での講師をさせていただくことになり
image

1日勉強してきました!

image

この診断士の育成に取り組む背景は

2018年4月からはじまる

宅建業者による既存住宅状況調査

インスペクションの説明義務化があり

中古物件を買う場合、やはり買う家がどんな状況か

知りたいという希望するかたが増加する想定での資格になります。

中古住宅を買って、すぐ外壁のリフォームが発生する

事例は外装リフォームをしているとよくあり

お客様に聞くとそんなリフォームがいるとは

しらなかったというパターンがあります。

それと耐震性が全くない家だったりとか

素人のお客様では分からない場合がよくあり

中古住宅のリフォームして販売される家も

コスト優先して見えるところだけキレイにして肝心

耐震性などない場合もあります。

耐震性までリフォームすると新築したほうが安くなる

場合も・・・・・・

今回中古流通が促進されるよう宅建業法も改正されました!

また愛媛県でも講習会随時開催される予定です。

中古住宅の売買はこれからは既存住宅状況調査をしたもの

オススメです!